解決済

【アニメーション】EXとPROの互換性

こんにちは。
まだ制作を始めたばかりの、アニメーション初心者です。

私は今、クリップスタジオペイントproを利用しています。
アニメーション制作を始めるにあたって、EXの購入を検討しています。
アニメーション制作を手伝ってくれる友人も見つけたのですが、その人もクリスタのproを使用しています。

もし私がEXで24フレーム以上あるアニメーションのデータを作った場合、そのデータは、proで開くとどうなってしまうのでしょうか。
友人には着彩をお願いしようと思っているのですが、EXで作ったデータをproで開いた場合、やはり24フレーム以降のデータは読み込めないのでしょうか。

その点が不安で、EXを購入しようかどうしようか迷っています。
どなたか教えてくだされば幸いです。

投稿日 : 7 日前

更新日 : 7 日前

日本語

回答
  • 7 日前
    PRO版はフルアニメーションで、24フレーム(1秒)までの作成に限定されいる説明は、秋空広樹さんの仰る通りです。

    裏技をお教えしましょう。
    と言っても、本来のアニメーション作成は、あくまでも24フレーム以内ですが、作画は24レイヤー以上が可能です。
    この「フレーム」と「レイヤー」の関係を理解すると、PRO版でもレイヤー制限まで作画できます。

    アニメーションをEX版で新規作成する場合に「再生時間」を24フレームにします。
    デフォルトで作成される「アニメーションフォルダー」を仮に「A」と変更します。
    フレーム番号「1」~「24」(レイヤー名も同じ)の作画をします。
    次に「A」というフォルダーの上に新規アニメーションフォルダーを作成します。(作成時点ではフォルダ―はカラです)
    デフォルトで作成される「フォルダー1」を仮に「A-2」と変更します。
    「A-2」のフレーム番号「1」の位置を選択して「新規アニメーションセル」を作成します(レイヤーに連動した「セル番号」=「フレーム番号」)
    そのまま「A-2」フォルダ―内で「1」として使うより「25」番に変更しておいた方が、後々集合させるときに都合が良いと思います。
    「A」フォルダーは描画時に邪魔であれば非表示にしておきます。
    あとは必要に応じてセルを追加したり、満杯になったら「A-3」フォルダーを作成して…

    再生時間の24フレーム以内ならアニメーションフォルダーを便宜的に動画の続きを作成する「入れ物」として利用できます。
    フォルダ―分けしてあれば御友人がPRO版でも作業しやすいと思います。
    最終的にあなたが、集めた作業ファイルをEX版で編集/統合すれば長尺アニメーションも可能です。

    しかし一時凌ぎの方法なので、制作の手応えを掴んだら御友人にもEX版の購入を誘ってみて下さい。

    追伸:画像2の説明
    フレーム番号=セル番号(レイヤー名)を、フレーム番号=セル番号(フォルダ―名)にすると、そのフォルダーの中に複数のレイヤーが混在できます。
    フォルダ―に含まれる線画レイヤーと塗りレイヤーを分けて作業する事も出来るので、後で色置換などの修正が楽になります。
    フレーム番号と連動したフォルダー内のレイヤー名は何でも構いません。フォルダーの中に更にフォルダーを作成して構造を複雑にする事も可能です。
    • 日本語

  • 7 日前
    丁寧な回答、ありがとうございます!
    しばらくは教えていただいた方法を試してみようかと思います。
    • 日本語

このコーナーの回答募集

...もっと見る

未回答の質問

...もっと見る