解決済

ユーチューバー(YouTuber)などがイイネをお願いするのは問題視されないのに、絵師がRTいいねブクマをお願いすると猛烈に叩かれる理由を一緒に考えていただけないでしょうか?

  • VIEW 2,843
  • 合計 7
タイトル通りです、ユーチューバー(YouTuber)などがイイネをお願いするのは問題視されないのに、絵師がRTいいねブクマをお願いすると猛烈に叩かれる理由を一緒に考えていただきたいです。
前々から思っていたのですが、問題提起をしようにも私には拡散力がなく流れるだけだと思うことや、この疑問を投げかけると激しく叩かれるのではないかと思い、今まで言い出すことができませんでした。
ユーチューバーの方はチャンネルの知名度や動画のクオリティに関係なく「チャンネル登録お願いします」「この動画が面白いと思ったらイイネしてね」とお願いしている方が多く、動画の中でいろいろな宣伝もしていて「Twitterも登録してね」「今日こんな呟きしたからRTよろしく」などと言っている方もいますが叩かれているのを見たことがありません。
もしも叩かれてる方がいたとしてもごく少数なんじゃないかなと思います。(毎日いろいろなチャンネルのいろいろな動画を見てますが1度も見かけたことがないので)
それに比べて絵師が同じことをするとすごく叩かれますよね、例をあげると…
「#私の絵が少しでもいいと思ったらRT(イイネ)」→「RT乞食」「イイネ乞食」「ああいうタグ逆にRT(イイネ)する気なくなるよね」
「ファンならRTやイイネをして拡散してほしい!」系のバズったツイート→「RT乞食」「イイネ乞食」「自分の絵が拡散されないのを他人のせいにしてんじゃねぇ」「所詮その程度の絵ということ」
などなど、本当にひどいものというか…ただ、公平に判断しようとすると批判している方々の気持ちも分からないでもないです。
評価乞食をしている絵師の絵は大抵クオリティが低かったりしますし、どんなツイートを評価しようが個人の自由だというのも分かりますし、TLをRTで埋めたくないとか、フォロワーさんにイイネしたのがバレたくないからイイネしにくいとか、いいと思えばRTイイネブクマするよしない理由はしたいと思わない絵なだけとか…人それぞれ評価をしない理由は違うと思うし言ってることは分かるんですけど、でも私はどうしても「励みになるからしてほしい」と思ってしまう側であるのと、ユーチューバーなどが乞食をしてもどうとも思われないのはなぜなのか、絵師が乞食をすると犯罪者のように寄ってたかって叩かれる理由は何なのか…このことが不思議で仕方ありません。
あと、これは勝手な偏見になってしまうかもしれませんが、日本人よりも海外の方の方がRTやイイネをしてくれます、あと無言フォローも。
日本人はRTやイイネ以前に交流ありきでないとフォローもしないという印象です。
そう思う理由は、絵をupしてもRTやイイネは来ないのに繋がりたいタグには大量に反応が来たり(日本人だけ)、実際に繋がりたいタグでお迎えをすると「前々からファンでした!」「あなたの絵がずっと好きでした!」「気になってましたがフォローできませんでした!」などとよく言われるからです。
叩かれることを覚悟で言いますが「絵が好きだしファンだけどフォローはできませんでした」という言い分は本気で理解できないし「フォローはできないのに繋がりたいタグには反応してる」ということは「相互フォローじゃないとフォローしたくない」ということなのではないか?と思い、こう言うとさらに叩かれそうですが日本人は相互フォローや交流ができる人ということが前提じゃないと例え気になってる絵師やファンの絵師ですらフォローすることもできない人種なのだろうと思いましたし、評価されないのは絵のクオリティが低いからだと指摘する人が沢山いますがプロのイラストレーターさんなどクオリティの高いイラストを描く方だけがこの法則に当てはまらないだけだと思います。
絵のクオリティが低くても人気の作品や流行の作品を描いていたり、交流をしたり企画をしたりフォロワーを増やしてそのおかげで評価を得ていたり、絵のクオリティではなく他人が共感しやすい内容などで人の心を掴んでる方などもいますから、その努力もしないで…なんて言われる方もいるでしょうが、どれだけ絵が上手くても内容がよくても人気の作品じゃなかったり、交流下手だったり、他人が共感できる内容のものが描けないというだけで全く反応をもらえない方が沢山います。
その方々が悩む気持ちは痛いほど分かりますし、ファンなら、絵が好きなら、自分の好きな絵師が楽しく絵を描けるように協力してあげたいと思う方は何でこんなにも少ないのでしょうか?
勿論ちゃんと好きだと思えば評価をしている方も沢山いると思うので全員がこうだとひとくくりにするわけではありませんが、ユーチューバーのファンはユーチューバーが作る動画はエンターテイメントで、動画編集は大変なことで、かなりの努力をして作られた動画で、自分たちの評価が投稿者の力になると考えている方が多く、一方、絵師のファンはその真逆で、絵師が描く絵はただの趣味でそれ以上でも以下でもなくて(クオリティが低い人の絵はゴミとすら思ってる)、絵なんか簡単に描けて、スルーしたって問題なくて、評価をされないのは本人の実力がないだけだと考えている方が多いというのが悲しい現実なのではないかと。
以上で質問を終えますが、長くなってしまい申し訳ございません。
内容が内容なので沢山叩かれそうだと思いますが、できるだけきつい回答は避けていただけると嬉しいです。
また、海外の方は下心なく評価やフォローをしてくれるというのは私だけが感じていることでもないようですが(Twitterなどで検索して同じように感じている方を沢山見かけました)、私の認識が偏見でしかないと感じたらやんわりと指摘していただき理由を教えていただけると助かります。
ユーチューバーは叩かれないという認識も私の勘違いかもしれないので、その件についても反対意見があれば、やはりやんわりと伝えていただければと思います。

投稿日 : 10 か月前

更新日 : 10 か月前

日本語

回答
  • 10 か月前
    トピ主さんご自身で書いてらっしゃるように、YouTuber=本人のファン、なのに対し、絵描きのファン=作品(≠本人)のファンであるからだと思います。

    YouTuberの場合は「本人」が作品なので、YouTuberの性格・言動含めて面白い/好きだからフォローする、
    だから、中の人が何を言っても許容される事が多いのかと。「この人ならこういうキャラだもんね~」という感じで。

    絵描きさん・物書きさんの場合、作品は作品、本人は本人です。
    作品を気に入ってフォローしたら、性格・言動が苦手な人だったのでフォローを外した、という経験はないでしょうか?
    「作品は好きなんだけどな~…(´・ω・`)」と。

    二次創作のTwitterユーザー界隈では、「日常ツイートはするな!」「別ジャンルのツイートは垢分けてやれ!」という声を上げる人を少なからず見かけます。
    そういう人達は完全に、中の人を「作品製造機」としてしか見ていません。
    なので、自分が気に入る作品を製造する事「だけ」やって欲しいのです。
    中の人の声や自分が好きなジャンル以外の作品というのはただの「ノイズ」です。ノイズを除きたくて叩く、そういう流れかと思います。
    自分が気に入る態度ではないので叩く、という更に自己中心的な理由もあるでしょう。

    顔出ししていないクリエイターのことを「普通にその辺で生活しているヒト」として認識できない人は多いです。
    顔出ししててもそういう事を言ってくる人はいます。Twitterは匿名だから自分の事はばれない!と信じ込んで無敵さんになってる人とか。
    まぁ、そういう輩は無視するに限りますよね。相手にするだけ無駄なので、ミュートに突っ込んでおいて、酷いようなら公式に通報、魚拓をとって法的手段も考える、程度で良いかと。
    • 日本語

  • 10 か月前
    ユーチューバーのファンは本人のファンで、絵師に関しては作品のファンであり本人のファンではないというご意見に納得がいったのでベストアンサーに選ばせていただきます。
    ご回答ありがとうございました。
    • 日本語

お役に立ちましたか?

ご活用くださり、
ありがとうございました。

お知らせいただき、
ありがとうございました。

このコーナーの回答募集

...もっと見る

未回答の質問

...もっと見る