募集中

アニメーションファイルのみが、ブラシストロークで途切れ途切れのラグがあります。

  • VIEW 63
  • 合計 0
Clip Studio EXアニメーションファイルのみでブラシで描画すると、遅れが生じます。同時に、アニメーションファイルではなくキャンバスファイルを開くと、そのファイルだけでラグが発生するのではなく、アニメーションファイルでのみラグが発生します。過去に作業したアニメーションファイルや新しいアニメーションファイルを作成して開いた場合でも、ブラシはアニメーションファイルでのみ遅れます。描画中にラグはありませんが、描画すると最後にブラシが非常に短時間停止し、ラグが続きます。コンピュータを再起動し、Clip Studioを更新して再インストールしましたが、取得し続けるため作業できません。ファイルでのみ遅れます。時々発生しているエラーですが、自然に解決されたようです。

回答
  • 1 日前
    あなたの言うブラシは特殊なブラシですか?
    Gペンでも遅れますか?
    • 日本語

  • 1 日前
    はい、Gペンと他のすべてのブラシは同じように遅れます。 CPUとメモリを減らしてさまざまな方法を試しました。レイヤーやフレームの数が多かったり、レイヤーを全部削除して描いても容量が増えたのかもしれませんが、完全に消えることはありませんが、最後のどもり感は間違いなく少なくなります。または、タイムラインウィンドウをオフにすると、ラグが少なくなります。キャンバスのサイズやファイル自体はそれほど大きくなく、フレームもレイヤーも少ないので、なぜこれが起こっているのかわかりません。タイムラインウィンドウをオフにすることと関係があるかどうかはわかりません。以前は、はるかに長く、フレームが多く、複雑な大きなファイルをうまく処理してきました。
    • 韓国語

回答を入力する
いま 0 文字 ( あと 5,000 )

このコーナーの回答募集

...もっと見る

未回答の質問

...もっと見る